« 芸術と社会―Wodiczko作品をめぐって― | メイン | 愚かさについて »

2018/01/16